1. HOME
  2. 院外活動:ベトナムでの海外医療支援

ベトナムでの海外医療支援

関山英一

平成25年12月、クアンニン省モンカイでの医療活動に参加させて頂き、今回で2度目の参加となりました。日本からの参加者は、前回モンカイで御一緒させて頂いた鳥取大学の池田先生、服部先生の母校である四条畷高校の学生さん6名、同校の教頭先生、笠松先生、拙院のスタッフ2名の計12名でした。
ハノイから東に直線距離で約90km離れたクアンニン省クアンイェンが今回の目的地で、朝9時頃にハノイを出発して12時過ぎに現地に到着、この日の午後から翌々日までの2日半の間に約120件の白内障手術を施行することになりました。
まずは手術室への機械・器具の搬入そしてそれらのセッティング、術前診察、眼内レンズの選択、患者さんの術前点眼など、手術開始までの仕事も盛り沢山で、手術が始まった後も患者さんの点眼、誘導、手術に必要な物品の補充など、執刀以外の仕事は盛り沢山です。今回、四条畷高校の皆さんがこれらの仕事をテキパキと効率的にこなしてくれました。
先生方は単に引率者として来られたのかと思いきや、時に学生さん達以上に積極的に行動しておられました。慣れない環境下で疲れておられるにも関わらず、それを全く感じさせず、先生方ご自身ができる事を探されて動かれる姿には感銘を受けました。
学生さん達も割り振られた仕事以外に、術後患者さんの回診の際に患者さんのメヤニを丁寧に拭いてあげたり、ベッド下にある患者さんの履物を揃えてあげたり、「患者さん」としてだけではなく、「人」として接している姿にとても心が温まりました。
池田先生は難症例を手掛けられる合間に、学生さん達とも積極的にコミュニケーションをとられ、彼らが動きやすい環境作りにも気を配っておられました。
この様なメンバーと同じ目的を持って3日間寝食を共にし、最後の患者さんの手術を終えた時の達成感、充実感は言葉では言い表せないものでした。
微力ではありますが、ベトナムの患者さんや服部先生のお役に立てる充実感、チームで一つの仕事を成し遂げる達成感、この様な気持ちを味わいに、また来年も参加させて頂きたいと思います。
最後になりましたが、手術をさせて頂いた患者さんの術後経過が良好であること、また今回の手術が患者さんの今後の人生に少しでもお役に立てていることを切に願っております。