1. HOME
  2. 目の病気と治療

目の病気と治療

白内障

白内障とは、目の中でレンズの役割を担っている「水晶体」と呼ばれる組織が濁った状態で、その原因の殆どは加齢です。症状は「まぶしい」「かすむ」「ものがダブって見える」などですが、網膜や視神経に異常がなければ、手術を受けて頂くことでこういった症状は改善します。

白内障手術について

緑内障

OCT

ハンフリー静的視野計

ゴールドマン動的視野計

緑内障とは、視神経が障害されるために、その視神経が担当している視野が欠けてしまう病気です。原因は眼圧上昇、血液循環障害、遺伝的素因などが考えられておりますが、現在のところその進行予防に有効性が確認されている治療法は眼圧下降のみとされています。 現在の医学では、一度欠けてしまった視野を元に戻すことはできませんので、早期発見早期治療が望まれます。

早期発見に関してですが、視野欠損を来たす前に視神経乳頭(目と視神経の接合部)の形状が変化することが報告されており、当院でも導入しているOCT (Optical Coherence Tomography) と呼ばれる機器を用いて視神経乳頭形状解析を行うことで、視野変化を来たす前の言わば「緑内障の前段階」を診断することが可能となりました。

また、緑内障と類似した視野変化を来たす疾患に脳腫瘍があります。特に中高年女性に多い髄膜腫は良性腫瘍であり進行も遅い為、緑内障と間違われるケースもしばしばあり注意が必要です。

飛蚊症

視界に黒い物や水玉状のものが飛んで見える症状の総称です。蚊、或いはゴマ粒といった小さいものから、糸状のもの、墨汁を流した様なものなど、人によって見える形は様々です。

飛蚊症の98%は生理的なもので、硝子体と呼ばれる目の中の線維質が年齢によって一部混濁することが原因とされています。しかし、残りの2%は目を裏打ちしている網膜に傷ができ(網膜裂孔)、そこから漏れ出た血液や色素が原因となっています。この網膜裂孔を放置しておきますと網膜剥離を生じて手術が必要となりますので、飛蚊症を自覚された場合、或いは以前から自覚していた飛蚊症が急に増えた場合は早めに眼科受診されることをお勧めします。

眼瞼下垂

まぶたが下がって視界が狭くなった状態ですが、この為に眼精疲労、眼痛、頭痛まで引き起こすこともあります。原因の多くは加齢ですが、稀に重症筋無力症や動眼神経麻痺といった病気が隠れていることもあり注意が必要です。

加齢性の眼瞼下垂に対する治療は手術(保険適応)になりますが、当院では眼形成専門医を招いて手術をさせて頂きます。

眼瞼痙攣・片側顔面痙攣

「眼瞼痙攣」とは、自分の意思とは関わらず、両目の周りの筋肉が痙攣し、眼が開けづらくなる病気です。初期の症状は「まぶしい」「目を閉じていた方が楽」などドライアイと似通ったものですが、進行すると自分の意思で目が開けられなくなることもあります。

ドライアイの治療を受けても治らない、まぶしくて帽子やサングラスが手放せない、目が開けづらいので外出を控えている、などの症状がありましたら一度御相談ください。

「片側顔面痙攣」とは、自分の意思とは関わらず、顔の片側の筋肉(目の周囲や口の傍)が痙攣する病気です。緊張している時や、人と話している時、笑った時などに出やすいのが特徴です。

「眼瞼痙攣・片側顔面痙攣」どちらも治療はボツリヌス療法になります。この治療法は、ボツリヌストキシンという筋肉の緊張をやわらげるお薬を注射することで痙攣の原因となっている神経の働きを抑え、緊張しすぎている筋肉を緩めるものです。
(院長、副院長ともボトックス療法認定医です)

複視

ヘススクリーン

「複視」とは、ものが二重に見える状態ですが、片目で見て二重か、両目で見て二重かで疑う疾患が異なります。片目で見て二重の場合、乱視がその原因となっていることが多いのですが、両目で見て二重の場合は左右の眼が連動して動いていないことが原因となります。左右の目が連動して動かなくなる病気としては、脳梗塞、脳腫瘍、動脈瘤、重症筋無力症、Fisher症候群、甲状腺眼症など、数多くのものが挙げられます。

当院ではHess赤緑試験で眼球の動きを正確に評価し、その結果やその他病状に応じてCT又はMRIを近隣の病院へ依頼して正確な診断に努めます。

糖尿病網膜症

糖尿病三大合併症の一つで、適切な時期に適切な治療を受けなければ極度の視機能障害を来たします。

糖尿病網膜症は、その重症度に応じて単純糖尿病網膜症、前増殖糖尿病網膜症、増殖糖尿病網膜症の3つに分類されます。これらを分かりやすく大まかに説明しますと、網膜微小血管が障害されて網膜に出血や血管からのタンパク漏出を認めるのが「単純糖尿病網膜症」、微小血管障害の範囲が広がり、障害された血管が本来養うべきであった網膜が酸素不足、栄養不足となったのが「前増殖糖尿病網膜症」、酸素不足、栄養不足となった網膜をなんとか養おうと弱い脆い血管(新生血管)が生じてきたのが「増殖糖尿病網膜症」です。

新生血管は網膜のみならず、隅角と呼ばれる眼内を栄養する水の排水口にも生じ、これによって排水口が塞がれると非常に予後の悪い血管新生緑内障を来たします。

また、新生血管と伴に増殖膜と呼ばれる線維性の薄い膜も網膜上に生じます。この増殖膜が収縮し、網膜を引っ張りますと網膜剥離となり、重度の視機能障害を招きます。

「前増殖糖尿病網膜症」に進展してしまった場合、「増殖糖尿病網膜症」への進行を防ぐ目的でレーザー治療を施行しますが、高価な上に痛みを伴う場合もありますので、やはり日頃からの血糖コントロールが重要と考えられます。

お知らせ

4月12日
誠に勝手ながら、5月2日(水)と5月10日(木)の午後は休診とさせて頂きます。
2月16日
2月28日(水)は花のみちセルカ全館停電のため午前診は休診とさせて頂きます。
12月12日
ベトナムでの医療支援活動の為、12月20日(水)~25日(月)は副院長の診察とさせて頂きます。
12月12日
講習会参加の為、12月22日(金)の午前診は休診とさせて頂きます。

お問い合わせ

0797-86-8639

診療曜日・時間、手術に関する
お問い合わせはこちらからどうぞ。

診療時間

午前 / 9:00~12:00

午後 / 16:00~19:00

○ : 副院長診察(院長は京都府立医大で専門外来(神経眼科)を担当)
※手術:月曜・水曜 13:30~

休診日:土曜午後・日曜・祝祭日

交通・アクセス

宝塚市栄町1-6-2
花のみちセルカ2番館3F

阪急宝塚駅、
JR宝塚駅より徒歩4~6分

契約駐車場
  • ・花のみちセルカ地下駐車場
  • ・ソリオ第一駐車場
  • ・ソリオ第四駐車場
  • ・宝塚阪急屋上駐車場